ミヅホ工業会社概要
社長挨拶

ミヅホ工業は1950年にネジ商社としてスタートしてからこれまで、お客様に助けられ、地域社会に密着しながら成長してまいりました。 設立当初の商社から切削加工を主とする製造業へと業務の分野を広げ、2007年には豊田自動織機の100%子会社となりました。 現在は、親会社向けのコンプレッサ、産業車両、エンジン用部品をはじめ、トヨタグループ主要各社向けの重要機能部品等を提供しています。 私たちのモットーは、新たな価値を創造し、お客様に満足頂ける製品を提供することです。そして、働きがいを感じながら社会とともに発展する企業をめざし、 人と環境を大切に、お客様の満足と信頼を得られるよう社員一同、心を合わせて「ものづくり」に取り組んでいます。 もちろん、現状に満足することなく、「改善に終わりはない」をキーワードに、日々よりよい製品を提供できるよう努力を重ねてまいりますので、 今後とも皆様からのご指導、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 大島 隆

会社概要
所在地愛知県名古屋市南区豊四丁目20番16号
創 立1950年6月22日
資本金2,000万円
業 種自動車部品、産業車両部品の製造・販売
株 主豊田自動織機(100%)
納入先豊田自動織機、アイシン精機、アドヴィックス、アイシンAW、デンソー、他7社
仕入先鉄親会(25社)を含めて、約80社(部品)